カビ菌検査・カビ取り・カビ対策の業者なら、カビバスターズ®のオールワンにおまかせ!

みかんにカビが生えた!~カビの生えた食べ物を食べてもよいか?

冬はみかん

 

・・・と枕草子的な書き出しになってしまいましたが、

こたつなどで温まった体に、みかんであまい水分を補給する幸せは格別な気がします。

みかんはバラでも購入できると思いますが、どちらかというと10個程度入った袋売りで購入されることも多いと思います。

購入した時には全部きれいなオレンジ色に見えたのに、かごに入れて置いた数日後に白い粉をふいたようなみかんを見かけて驚いた経験がおありの方も多いのではないでしょうか?

 

 

 

こんな風に、みかんに白い(緑っぽい)ところがある・・といった状態のとき、皆さんは、どうされておられますか?

 

そもそもなんでカビるの?

購入した時はよーく目を凝らして袋を見て、大きそうで甘そうなみかんが入っている袋を選んで買ったつもりなのに・・

(ガックリ)

みかんに生えるカビはペニシリウム・ディタータム(Penicillium digitatum)ペニシリウムイタリカムPenicillium italicum)」というもので、いわゆるアオカビの一種です。

これらのカビはみかんに豊富なプロリンによって成長が促されるため、他のカビより早く、本当に「あっという間に」思えるほどすぐに生えてしまいます。

みかんに何の傷もなく、柔らかくなったりして中からプロリンがでてくる状況でなければ、みかんは決してカビ易いものではないのですが、

たくさん詰め込んだときの圧力などで少し潰れてプロリンがにじみ出たり、表面に傷がついていたりする状況になると、どこかで皮についていたカビ胞子が繁殖して数日でカビで覆ってしまうことになります。

輸送時に残念ながらカビてしまったみかんはもちろん取り除かれて、店頭で販売されるときにはもちろんきれいなものだけが袋詰めされていますが、

もともと入っていた箱にカビが生えたみかんがあった場合は、箱の中にはたくさんの胞子が飛んでいて、きれいに見えるみかんの表面にもすでにカビが付着してしまっている場合もありますので、

ご自宅に持ち帰ってみかんを籠などに移し替えるときには、みかんをよく見て、傷があったり、柔らかくなっているものがあったら、早めに食べてあげてくださいね

 

カビがついたみかんを見つけたら

さて、残念なことにみかんにカビを見つけてしまったら・・・

どうしましょう。

 

1. 洗って食べる

2. カビの部分以外を食べる

3. まるごと廃棄する

 

どうか、皆さん、3を選択してください!

 

洗ったり、カビの部分の皮をむくなどしてカビを取り除いただけではなんでダメなのか・・についてご理解いただくために、カビの成長の過程を追って説明していきます。

 

カビは成長するとき、根のようなカビの菌糸をどんどんと伸ばしていきます。その過程において、栄養源を分解して吸収して、次の成長につなげるために、分解酵素などを外に放出しています。

 

こうしてカビの成長のために放出されるものには、分解酵素だけでなく、におい、色、そしてカビ毒もあるんです。

 

カビ毒(マイコトキシン)として有名なものに、

ナッツ類、穀類、乾燥果実、牛乳を汚染するアスペルギルス・フラバス(Aspergillus flavus)によるカビ毒であるアフラトキシンなどがあり、これまで100種類以上が知られていますが、まだ発見されていないものや、カビ毒の摂取量と期間、身体への影響・健康被害について詳しく研究されていないものもあるため、今もなお隠れたカビ毒が実はたくさんあると思われるため、できるだけカビの摂取を避けていただきたいと思います。

 

ということは・・

そうです、つまり、カビの根を菌糸、カビの花や種を胞子とすると、白っぽく粉をふいているところにカビ毒があるのではなく、根っこである菌糸が伸びるところ、つまり、みかんでいえばみかんの中側にあるので、外の白いところ(カビが増殖しているところ)を洗い落としても、みかんの中にすでにたくさんのカビからの放出物質が残っている!ということになるのです。

 

そしてさらに怖いことに、これらの中に残されたカビ毒は、

熱を加えても

日に干しても

水に浸けても

・・・

毒性が変わらないと言われています。

 

ですから、お餅など焼いたりお雑煮にいれて食べたら大丈夫!というのは間違い・・で、結局はカビ毒の残ったものを食べている・・・ことになっているのです。(ショック)

 

 

カビが生えたものはそのまま捨てる。もっと言えば、胞子が飛び散らないように、密閉性の高い袋などにいれて他にカビを散らさないようにして、廃棄してください。

みかんについては、カビたみかんの周りにあったものは表面を水で洗浄し、胞子を洗い落としてください。傷があったり、柔らかくなっているものは廃棄するか、すぐに食べるかして、放置しないようにしてください。

もちろん、カビたものを廃棄する際に触った手は、あとでしっかりしっかり洗ってください。

 

 

カビが生えたものをみたら・・まとめ

カビは表面ではなく、中にカビ毒などを放出しています。

カビ毒は今知られているもの以外にもあるし、今知られていないだけで身体に悪い影響があるものも含まれている可能性が高いため、きるだけ摂取しないことを心がけてください。

カビ毒は熱を加えても変化がないため、カビが生えた食べ物をみつけたら、カビの胞子をまき散らさない工夫をして、すぐに廃棄してください。

同じ場所に保管されていたものにもカビの胞子がすでに付着していると考えられるため、表面を洗いながら、傷がないかなど確認して保管しなおすようにしてください。

 

くれぐれも、カビが生えたものを食べないようにしてくださいね~