カビ菌検査・カビ取り・カビ対策の業者なら、カビバスターズ®のオールワンにおまかせ!

冬の結露はカビの元!

とうとう東京都心の最低気温も1℃台になりましたね。

この気温になると目立ってくるのが・・・

結露!!

 

朝起きたら、窓の下を確認してください。

こんな風に水滴がついていたら、結露です。。

空気中の水分が窓の外との温度差で水滴になってしまった現象ですが、

この水はどこから来たかと申しますと、室内の空気中の水分です。

 

普段は目に見えないのですが、空気にはたくさんの水分を含んでいます。

あたたかい空気はたくさん水分を含むことができるのですが、冷たい空気は水分を含む量が少ないので

水が目に見える形ででてきてしまうのです。

 

そして、

この結露水が、ひどいときには、窓枠を濡らし、窓下の壁または床を濡らし、見えないところでカビの繁殖を招きます・・・・

 

 

壁の中や床面でじわじわと繁殖したカビは、壁紙の色が変わったり床の色がかわったころには、もはや簡単なカビ取りではすまない状態になっているため、こうなる前に予防しておきたいものです。

 

結露水の処理方法

朝、結露を見かけたら、急いで乾いたタオルなどでふき取り、濡れたところを乾燥させるのが一番ですが、

何より忙しくて、また、寒い朝に乾いたタオルで拭き掃除をして、乾燥させる・・なんて手のかかること、なかなか毎日実践できませんよね。。。(私はできません)

そのための便利グッズとして、

窓面で結露をつくりにくくする断熱シートや

結露した水が垂れる前に吸水する結露吸水テープなどが市販されております。

もし、結露が多く発生するようであれば、可能な限り使っていただいて、寒暖差や結露を防いでいただければと思います。

 

結露を減らす方法

しかし!

結露吸水テープを貼ってもテープから水があふれる・・断熱シートを張っても断熱シートの隙間から水が垂れてくる・・といったお悩みをお抱えの方もいらっしゃると思います。

結露が問題でカビが発生してしまったお宅でも、

・結露テープを貼っている

・断熱シートを貼っている

・窓下にさらにタオルを置いている

といった工夫をされておられるところも沢山あります。

 

結露水を室内側に作らない、また垂れないように工夫をしているにも関わらず結露問題がカビを引き起こす・・・

 

そんな場合は、結露水が出る量を減らすしかありません!!

 

結露水を減らすためには、空気中の水分量を減らすことが大事です。

お夕食、入浴、家族での団らん・・などで暖かくて、たくさんの水分を含んでしまった夜の空気のまま気温が最も低い朝を迎えてしまえば、

その気温差分、水が出ます。

その水の量について計算してみたことがあるのですが、もし20℃前後の8畳の気密性のよい部屋で夜4人で鍋を囲み、そのまま寝てしまったと仮定すると、

なんと5℃程度になる朝には4L以上の水が結露水となって出ることになります!もちろん、気密性が高く、換気が多少なりとも行われる現実では、こんなに出ることはありませんが、それでも恐ろしいほどの水の量です・・・

4L近い水を窓付近にこぼしたと思えば、大事ですよね。

 

では、結露の量をできるだけ減らすためにどうしたらよいでしょうか?

 

それは、夜に発生した多くの水蒸気を朝までにできるだけ外にだしてしまうことが望ましいです。

具体的には、

寝る前に5分ほど外気としっかり換気をすること

が有効です。

この時期の外気はとても乾燥しているので、

少し寒くなってしまいますが、寝る前に部屋の湿った空気を追い出して、乾燥した空気をいれたうえで部屋を少しあたためて

お休みになられるだけでもかなり結露量は減ります。

 

人は1時間1人あたり、35(安静時)~65(事務作業等時)g程度の水分を放出すると言われていますので、

夜4人で同じ部屋に寝ているとすると、安静時の35g/時間を採用して計算したとしても、

35g×4×8時間(睡眠時間)=1,120g=1.12Lもの水分が室内にたまることになります。

ですから、寝る前には寝室の水分量をできるだけ下げておく必要があるのです。

外気と換気をしてたあとで寝ても、それでも

どうしても結露がひどい場合は、夜も換気扇をまわしておくなどの工夫をすることで減らすことができます。

 

でてくる結露の量を見ながら、いろいろな工夫をしてみてください。

 

無理なく続けれる結露対策をして、乾燥している時期なのに、カビが増殖している・・・なんてことにならないように注意してください。