カビ菌検査・カビ取り・カビ対策の業者なら、カビバスターズ®のオールワンにおまかせ!

除湿器をご活用ください

気持ちがいい季節になったと思ったら、早くも、沖縄地方には「梅雨入り」に関する話題がニュースであがってきています。

ああ、もう梅雨の話題なのか・・・

と少しゲンナリされておられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

梅雨の時期にはいってしまうと、窓を開けるとじめじめむしむしするので、窓を開ける機会も減って空気も動かず、お洗濯ものはお外に干せないから中に干すため湿度もあがるので、室温も十分20度を超えるようなこの時期は、カビにとっては培養器にいるような状態になってしまいます。

この状態は、表面的なカビの成長を促進させるという問題があるだけでなく、実は、壁や天井、床材など建物自体の水分量を増やしてしまいます。

建材自体の水分量が多くなってしまうと、壁の中でのカビの繁殖だけでなく、壁内結露なども発生する場合は、ひどい場合は腐ったりすることもあるため、要注意です。

ですから、梅雨入り前に、できれば壁を乾燥させておいて、梅雨時期も無駄に壁などに水分を与えないことがとても大事です。

残念ながら、エアコンの除湿機能では、空気中の水分を効果的に結露水として排出してくれますが、洗濯物を積極的に乾かしたり、壁の中の水分を吸いだしたりしてくれるほどの力はありません。

こういうときは除湿器という強い味方をご活用ください!

室内星のお洗濯ものを乾かすだけでなく、湿度がさがることで室温も下がったように感じますし、何より、壁も乾きます。また、除湿器からでる送風で部屋の中の空気も動かすことができるため、これからの時期に一石何鳥にもなりますよ。

 

除湿器も各メーカーさんからたくさん出ており、また、除湿の方式も数種類あるので、ご購入やレンタルの際にはお悩みかと思いますが、以下の点を抑えて選んでいただければと思います。

 

除湿器の選び方

1.方式の違い

除湿器には、主に、コンプレッサー式、デシカント(ゼオライト式)、ハイブリッド式(両方の機能を併せ持つ)ものがあります。

デシカント式は冬のように温度が低い時期でもしっかりと除湿してくれるというメリットがありますが、冬の時期の湿気が強くなく、梅雨~夏時期のじめじめをなくしたい、ということであれば、電気代もかかるデシカント式ではなく、コンプレッサー式でもよいと思います。

詳しい内部の構造や特徴はここでは説明しませんが、コンプレッサー式はコンプレッサーを内蔵しているため、デシカント式に比べて大きくて重くて、コンプレッサーの動産音がするという特徴があります。

一方、デシカント式は、コンプレッサー式に比べてコンパクトで静かではあるものの、内部にヒーターを持っているため、電気代が高く、出てくる送風が暖かいため部屋も暖まってしまうという特徴があります。そのため、送風を直接あてる衣類乾燥には向いていますが^^;

 

2.除湿能力の違い

除湿器の能力の違いは、「定格除湿能力」を比べるようにしてください。除湿能力は一日に何Lの水分を引けるだけの能力があるかということを示しています。

定格除湿能力の数値が大きいほど除湿能力が高いので、スピーディーに除湿できます。

とはいえ、もちろん、除湿能力が大きいものはサイズもBIGになってくるので、置きたい場所と広さを考えて選んでください。

 

弊社としてのおすすめは、マンションの北側洋室など常に湿りがちなお部屋には据え置きで一年を通じて除湿できるデシカント式の小型のものを置いておいてもよいと思いますが、リビングなどには、コンプレッサー式で除湿能力の高いものを1台置いて、室内洗濯物干しのタイミングでは洗濯物のそばに移動させたり、寝室や子供部屋がある場合は、一時的に移動させ(ローラーのついているモデルなどは移動しやすいです)、しっかり除湿した後に、別の部屋に移動する、といった使い方もいいと思います。

コンプレッサー式は基本、少しうるさいので、留守中のリビングや湿気がちな子供部屋などに置きっぱなし、稼働しっぱなしにして、しっかり除湿しておくと、帰宅されたときに空気感が違って、室内が(壁も含めて)からっとした感じで、快適に過ごせますよ。

 

梅雨のカビ対策の準備として、カビが生えてから慌てるのではなく、カビが生えないように、今のうちから、お部屋ごと乾かしておいて、快適な梅雨、夏をお過ごしください~!

 

除湿器、日本の気候には必需品となってきておりますので、湿気たり結露したりするのが心配な皆様はぜひご活用ください。