カビ菌検査・カビ取り・カビ対策の業者なら、カビバスターズ®のオールワンにおまかせ!

カビの現地調査・検査に重要なこと

いつもより、移動に時間がかかることが多いため、一日にお受けできる本数は制限させていただいておりますが、オールワンでは、GW中もご相談やご依頼に応じて、カビの現地調査や検査にお伺いしております。

GW中は、どうしても緊急の案件や、朝早くからしかお邪魔できない場合は、前泊も視野に入れて、前日の夜から移動し。近くまで行っておくことも多くあります。

近くまで行って、車中で寝て待つこともできますが、実は、カビの現地調査や検査に欠かせない大切なことのひとつに、

カビ調査/検査員の体調

があります。

カビの検査を行う場合、またはカビの調査を行う場合は、

どこが最も問題なのか?ということを可能な限り突き止めて、それを確定するための検査や問題を解決するための対策をご提案させていただかないといけないため、目視(目で確認)でわかることや含水率や臭気検査など装置を使うだけでなく、

臭いや違和感といった感覚がとても大切になります。

ですので、体調が悪く、においを感じない、とか、ぼーっとして違和感が感じられないといった状態でご訪問させていただくのは、よい検査や調査結果をご提案できないことにつながり、

カビでお悩みの皆様に最適なお手伝いができないことになります。

また、カビ調査員の体調が悪いと、お客様宅のカビでさらに体調が悪化し、次のご訪問でのパフォーマンスが落ちたり、翌日、体調が悪くて調査担当を変わることになりかねません。

ですから、カビの調査員は、前日もゆっくり寝て、心と時間にゆとりが持てる状況にないと、いけないのです。

 

というわけで、今晩もスーパー銭湯で明日に備えています。

 

カプセルとはいえ、少しゆとりがあって、机もあるデラックスの場所が取れてよかったです。

お風呂に入って、仕事をして、あすの準備をして、ゆっくり寝ます。

朝ぶろに入って、さっぱりしたらお客様宅に向かいます!