カビ菌検査・カビ取り・カビ対策の業者なら、カビバスターズ®のオールワンにおまかせ!

カビ取り・カビ検査の現地調査について

ワールドカップの応援で連日寝不足気味ですが、お仕事は今日もフルパワーです!!

さて、今日は普段やっている現地調査について少し書いてみようと思います。

カビ取りや防カビなどのカビ対策の他に、カビ検査についても現地調査を行ってからご提案をさせていただいておりますが、
現地調査の際にすることは、いずれも同じ。

目視検査(目で見てわかるカビの繁殖状況などを確認します)/臭気検査(ニオイでわかるカビの調査・ニオイの出元などを探ります)

含水率検査(カビが繁殖するために必要な水分の状況を確認します)

必要に応じて予備的な真菌検査

時間は広さにもよりますが、おおよそ30分~1時間

検査結果から総合して、取るべきカビ対策や必要なカビ検査のご提案をさせていただくのですが、
現地調査の際にどうしても避けて通れないのが、「普段開けない場所」「普段は動かさないもの」などといった怪しい箇所の調査です。

カビ取り・カビ対策の作業の見積りをする際には、再発なく、カビ取り後には安心して過ごしていただくために

どこ(汚染源および汚染が拡大した箇所)に対して、
どのような(カビの根を殺す作業/除カビ・胞子を殺す作業/除菌・今後、新たなカビが発生しにくくする作業/抗菌・防カビ・乾燥)作業が必要かを見積もるために、
どうしても点検口を開けて確認しておかねばなりません。

室内でカビ汚染の疑いがある場合、かなりの割合で、室内に隣接した「天井裏空間」や「床下空間」にカビの汚染があり、それが室内に漏れ出ていることで室内をカビで汚染していることもあるため、正確なお見積りを作成するためには、天井点検口や床下点検口を開けて状態を確認しておく必要があるのです。

というわけで、お客様に相談したうえで、可能な限り開けさせていただくのですが、

一番恐ろしいのが

激しいカビ汚染が天井裏や床下にあった場合。

 

もともと、弊社にご相談いただく方で多いのは、カビによるシミなどを綺麗にしてほしい。という美観の改善というよりは、

カビに敏感でアレルギーがある、目に見えないけどカビがあるような気がする(臭気がある)ので怖い、カビによる健康被害がある、赤ちゃんが生まれる・・など、

カビがあることについて問題を感じているため、カビの原因をきちんと追究したうえで、カビ取り後は完全に安心できる状態にしたい

という強い強い想いがあるお客様。

 

そんなお客様の前で点検口などを不用意に開けてしまい、室内にカビを舞い込ませてしまった場合などは、二次被害を引き起こしてしまうこと必至なので

 

開ける前は本当に最大限の配慮(カビに敏感な方の退室や換気ルート・換気量の確保)と、万が一すごい汚染源を見つけてしまい、室内にカビの胞子を舞い込ませてしまった可能性がある場合に備えて、除菌剤の噴霧の準備も致したうえで点検口を開けます。

 

 

現地調査無料だからと言って、カビ取りに必要な寸法を測定して、目に見えるカビを確認だけしに行っているのではないのです

 

ですので、現地調査の訪問も一日、3件までとさせていただいております。

 

お待たせしてしまうお客様には本当に申し訳ないですが、不用意な対応がカビ汚染を一気に拡大させて、悪化させることにつながるため、ご容赦くださればと思います。

 

皆様も、カビを見つけたら不用意に触ったりこすって取ったりしないでください。カビの胞子をタンポポの綿毛のようにまき散らしているだけですので、他の部屋まで汚染を拡大しかねません。

目に見えないということの怖さをよくわかっている私たちだからこそ、いろいろな測定方法で汚染状況を確認し、念には念をいれたカビ取り・カビ対策作業をすることをご理解いただければと存じます。

今日もがんばっていってきます!

 

こんな内容で現地調査をさせていただいており、現地調査時には室内の環境維持管理のアドバイスもさせていただいておりますので、

カビ取り・カビ対策・防カビ・カビ検査などなど、気になることがあればいつでもお気軽にご相談ください。

 

お問い合わせ・お見積りはこちら