カビ菌検査・カビ取り・カビ対策の業者なら、カビバスターズ®のオールワンにおまかせ!

落下菌検査の待ち時間に感謝!

今日は熱海のお客様のところに落下菌検査をしにうかがいました。

落下菌検査では、カビの汚染源から落下してくる胞子を拾って汚染度を評価するため、風に簡単に舞ってしまうカビの胞子を正確に測定するために、空気の流れをとめてじっとした状態で20分間待つ必要があります。

検査員がカビ菌を持ち込んだり、埃を落としたりしないように、除菌された無塵衣を着用し、手袋マスクで完全防備した状態で落下菌検査シートを開くのですが、最後の検査シートを開いたところでその場を離れて静止。その後は検査終了までまるで石のように・・・じっと待っています。

菌検査以外にも含水率を測定したり、臭気を測定したり、また、検査後のカビ対策施工を視野にいれている場合などは検査に2名以上でお伺いするのですが、そういった場合は、落下菌検査の検査員以外は検査区域を離れて退出いたします。

本日の検査では、私はお客様と一緒に退出する方だったのですが、外にでて、エレベーターの前についたところで、お客様から「よかったら、屋上に行かない?」とのお誘いの言葉!!

お客様のマンションはとても素敵な立地にあり、山も海も目の前!

待ち時間の間、おいしい空気と綺麗な紅葉の山々、地球が丸いことを思い出させてくれるような水平線をみながら、何より、お客様といろいろなお話をして過ごせたことがとても嬉しかったです。

落下菌検査の待ち時間はいつも長く長く感じられるのですが、今日はもっと長くてもいい!と思えた検査でした。

本当にお誘いいただけて嬉しかったです。

ありがとうございました!

余談)落下菌検査員は検査を終了しても戻ってこない私たちにまちくたびれて検査着を脱いで外で探しに来ようとしてました^^;