カビ菌検査・カビ取り・カビ対策の業者なら、カビバスターズ®のオールワンにおまかせ!

除菌中のひととき

カビ対策専門チーム!というと、何か超プロフェッショナルで、固い感じがしますが

※実際、仕事柄、小さな黒い点ひとつ見逃してはいけないので、職人肌の細かいメンバーが多いですが※

まれに、うそでしょ~!かわゆし!と思う時があります。

MIST工法の作業は主に、

除カビと除菌と抗菌/防カビ作業で構成されています。

除カビ工程とは、主にカビの根を殺す作業です。

MISTで専用に開発された薬剤を微細な霧状にしてカビが生えたものに染み込ませたり、刷毛などで塗り込めたりして、カビの根を殺します。浸透させては乾燥させ、また、浸透させては乾燥させ・・と繰り返すことで、しっかりとカビの元を断つのですが、こちらはとにかく忙しい!こっちをぬっている間にあっちが乾いた・・ということであれば、工程間にお休みはなく、場所をかえて、ぐるぐると引き続きカビ取り作業をやり続けることが多いです。

除菌工程とは、根をはっている状態に至らない程度のカビ(表面に付着している状態)や空気中に飛散してしまっているカビを殺す作業です。

こちらは、物や壁の表面と空間に除菌剤を微細な霧状にしたものを噴霧し、時間をかけてカビを殺します。時間をかけてしっかりとカビを殺せるよう、長時間空間に漂っている時間(滞空時間)をきちんととるための霧のサイズだけでなく、長時間除菌能力を維持するだけの薬剤の能力が必要になりますので、こちらも専用薬剤を高圧の噴霧器を使って作業をいたします。

微細な霧が漂っている間にカビを殺していくため、しっかりと密閉して、霧が十分な効果を発揮する間、じっと待つことが大事です。

したがって、除カビ作業とは異なり、こちらは、かなりの待機時間ができることになります。

何か所も作業をさせていただいているときは、この部屋は密閉して・・とか、順番に作業をしたりするので、待機時間がないこともありますが、1箇所のみや空間がつながっているところの除菌をする際は、一気に除菌をしてしまうため(家1棟ごと除菌・・なんてこともしばしば)作業場所を退出して、外で待つしかありません。

ちょうどお昼時などにあたると、この待ち時間の間にランチでもしようか・・となるわけですが、近くにランチができて、少し滞在しても大丈夫なお店がある場合は、食後のコーヒーまでいただけるお時間をとれることに。

そんな時は、だれからともなく「・・・デザートは・・・どうしましょうか?」とお声がかかり・・・

店員さんをお呼びして注文するころには、皆で「〇〇をください」と注文することに(笑)

そこで本日注文したのがこちら・・・

ホワイトチョコレートのモンブラン!

疲れた体に甘さがしみこみました~!!

 

MISTがしっかりと密閉空間で仕事をしてくれている間、しばしの休息を楽しむことができる私たちでした。