カビ菌検査・カビ取り・カビ対策の業者なら、カビバスターズ®のオールワンにおまかせ!

リフォーム箇所の決断のためのカビ検査

(東京都港区O様)

検査場所 : 邸内全域
検査目的 : リフォーム箇所決定のため
検査内容 : 付着菌検査・空中浮遊菌検査
検査料金 : 検査箇所:2箇所 13,000円×2
検査基本料金:15,000円

カビの調査にお伺いしてカビが繁殖してしまっている場所や量、ひどさによっては、現状のままのカビ対策(カビの除去、除菌など)だけでは対応できず、

カビ対策に加え、カビによって汚染された箇所の物理的な除去(つまりはカビが繁殖した建材そのものを撤去)を行わなくてはならない場合があります。

具体的には、

壁紙をはがすだけでなく、壁材そのものも撤去して作り直したり、床材そのものを貼り換えたり・・、ユニットバスそのものを入れ替えたり・・といった大掛かりなリフォーム作業を併せて実施する必要がある場合もあるということです。

 

しかしながら、リフォームを実施するとなると、カビ対策費用に加えて、リフォーム代金もかかるため、

お客様のご予算によっては、リフォーム箇所を絞ったりする必要があります。

とはいえ、現状のままのカビ取りでは限界があり、せっかくご予算をかけていただいてものちに大きなリスクを残すようなご提案は

カビ対策のプロとしてはできかねます。

ということで、「ここは現状のままでのカビ対策で対応可能」「ここは建材そのものの撤去をしたうえで、どうしても取り除けない残った構造部のみカビ対策でいきましょう」といったことを切り分けて、きちんとご説明できないといけないのですが、

そんな時に強い判断根拠となるのがカビ検査の結果です。

私たちオールワンでは、カビ調査時に、ここは見た目には大丈夫そうだけれども、迷う・・というところがあれば、菌検査を実施させていただき、結果を見て、汚染度を判断し、的確な処置を検討、提案させていただいております。

 

お客様からも

目で見てわかるので、納得がいく。

その後の不安もなく、安心して過ごせる。

提案してもらったところを少し頑張ってリフォームしてよかった。

などなどのコメントを頂戴しております。

 

現地調査時に行うカビ調査は、単に作業面積を測るだけのものではありません。

どれだけ先をみて安心していただけるかをしっかりと見極める場ですので、

少し調査に時間がかかることもありますが、

どうぞご容赦くださいませ。