カビ菌検査・カビ取り・カビ対策の業者なら、カビバスターズ®のオールワンにおまかせ!

賃貸住宅に対するカビ検査

(神奈川県川崎市K様)

検査場所 : リビングルーム
検査目的 : カビ菌量の確認
検査内容 : 空中浮遊菌検査・付着菌検査
検査料金 : 空中浮遊菌検査・付着菌検査+検査基本料:13,000円+13,000円+15,000円(+交通費+税)

内装リフォーム済みでとてもきれいに見えたので、すぐに決めて、賃貸住宅に引っ越しをしたものの、住み始めるとなんとなく異臭を感じ、日に日に体調に異変が・・

「もしや、カビ!!?」

と思い、いろいろと探してみると、押し入れの中に雨漏りの跡などがあり・・

何かおかしい。

・・壁を壊さずにカビって調べれますか?

という流れでのご相談が残念なことにとても多くございます。

壁を壊して直接中を見る、また、壊した箇所の菌検査をするのはとても直接的でいいのですが、賃貸の場合は、そうもいきません。

ただ、まずは不調や不快なにおいの原因を知りたい、もしカビならどの程度あるのか知りたい、ということでしたら、

落下菌検査や空中浮遊菌検査があります。

いずれも室内の空気中のカビを拾うので、

見た目にはカビがないように見えるお部屋でも壁紙うらや天井の隙間などから室内に漏れ出てきている可能性があるカビをキャッチすることができるため、現在のお部屋の状態のままで検査が可能です。

そんな検査を行った事例を紹介いたします。

このまま住むのか、引っ越すのか?

カビの量で判断をしたい、ということで、ご依頼をいただき、お邪魔いたしました。

築年数が40年以上になる物件のため、綺麗には見えても方々に問題があるようで、オーナー様も大掛かりな改修は現在検討していないため、カビ対策にもあまり乗り気ではないとのこと。

アレルギーがあるため、ほかの方より敏感にカビを感知している可能性もありますが・・ということで検査をしたところ、日本建築学会より推奨されている住宅の維持管理基準値を大幅に上回る菌量が観察されました

大変残念な結果ではありましたが、ご自身の不調の原因が分かったので、引っ越します。と結果をみて、踏ん切りがついたようでございました。

いろいろな検査のご依頼がありますが、こうして踏ん切りをつけるためにカビ検査をご依頼いただけるよう、ご利用いただきやすい金額でカビ検査をご提供させていただいておりますので、ぜひご相談ください。